人気ブログランキング |

ウララカ

ブログトップ

VANCOUVER 2010

オリンピックみてますか?

スポーツなので結果だけみるより、試合のながれを観た方が断然おもしろいですね。
だから、1つの競技に対して2時間くらいは時間をとってみた方がいいと思うのですが、
放送時間のこともあって、しっかりみれたのは以下の3つぐらい。

あー、でも楽しいです。

女子モーグル。
上村選手の一人前の選手が好タイム。あれで試合全体のながれがかわっちゃいましたね。あのプレッシャーの中で上村選手はよくやったなーと思います。その後の2人は失敗してましたもんね。しかし優勝者は、納得の滑りでした。あっぱれといった感じ。
モーグルっておもしろいやん!!と思いつつ、男子は身損ねました。男子の方が技は難度が高くなり、スピードも速くなるのにね。気づいた時には録画放送も終わってました・・・。
エアーよりもスピードの方が得点のかなりの割合をしめるので、どうしても似たようなエアーが多くなってしまうような気がします。エアーの割合をもっと高くしてくれれば、いろいろなエアーがみれそうですよね。今後かわるといいなと思いました。

スピードスケート女子3000。
チェコのサブリコバ選手が圧勝。残り数人を残した時点で他よりも圧倒的に差を付けてかなりの好タイム。こうなると残された人たちは、リスクをおう滑りで金メダルを狙いにいくか、2位狙いでベストをつくすかにわかれてくるのですよね。短距離ではないので、リスクを負って前半とばすと、後半ばてて遠心力にひっぱられてふくらんでコースを走ることになるしね。
サブリコバ選手は他の選手に比べて細身。ラクに滑っているようで、スピードにのって滑ってました。みていてきもちよかった。

フィギアスケート男子。ショートプログラム。
プルシェンコは相変わらずすごい。本当に3年もブランクあったのかなと思わせますね。ジャンプが高く表現力もピカ一です。かなわない・・?。でも本調子ではなさそうなんですよね〜。
高橋選手は調子がいいのではないかな?きまってました。よかった。ジャンプもうまいし、なによりステップがうまい。(ファンではないけれども)表現力があって素敵だなと思います。今までみた日本人男女の中で一番リズムをきざむのがうまい気がします。こんな人がでてきてうれしいな。振り付けも音も選手にとってもあっていたと思う。
織田選手は、振り付け変わったらいいのにねーなんて話してました。名コーチといわれるモロゾフさんが振り付けているけれども、彼のよさがもっといきるものにならないものかしらと思ったり・・・(言いたい放題)
注目したのは、アメリカのジョニー・ウィアー選手。表現力と華あり。あと、ジャンプに失敗したフランスのブライアン・ジュベール。ジャンプもいつもなら決めている選手らしく、表現力は十分あるし、プルシェンコと同じです。4回転失敗しなかった時の演技をみてみたいと思いました。


長い文章になってしまった。完全に備忘録です。
by mackimber | 2010-02-18 00:07 | みたり感じたり | Comments(0)